魚雷発射試験場跡地





今日も、雨と雨の合間に、天気予報で、午後から雨が降りそーなので、往復3時間ほど、少しだけ出かけてきました⭐
目的地は、魚雷発射試験場跡地‼️


先週、14Rで立ち寄った千綿駅が通り道にあるので、せっかくだから写真撮って⭐


今日は、まだお昼時ではなかったので、千綿食堂も空いてました🍛
千綿駅から、30分ほど佐世保方面に走ると左手の海沿いに、魚雷発射試験場の跡地である、片島公園があります。


公園内は、車両乗り入れ禁止なので、エンジンを切って、押していきます🏍


石組みの建物は、歴史感を感じる、西洋のお城の一部のような雰囲気なので、この日は、結婚式のプロフィール写真を撮るカップルもいらっしゃいました⭐


 
 


 


 


建物内には、大きな木があり、必要とされなくなってから過ぎた時間を感じさせてくれます。


 


 


雨がそろそろ降り出しそうになったので、今日は、そそくさと帰路につきました🏍


 


帰り道に、よくわからない記念碑を見つけましたが、その云われは、全く知りません🤣(笑)


 
梅雨明けままだ先ですが、もぉ夏が近づいてきてると教えてくれる向日葵🌻が咲いていました⭐


 


 

Comment

ブロイス  

非常にものものしい歴史的遺物の割には
見た目が美しくてそのギャップに心が動きますね

クーデターによって誕生し
本当の日本の歴史の流れ的には本来発生し得なかった
日本の癌細胞ともいえる軍事政権の誕生に
当時の文明国はこぞって困惑しましたが

無事に元サヤに収まって平和が戻り良かったです



2020.07.05 Sun 21:03
Edit | Reply |

@あき  

To ブロイスさん

権力は、時として、平和の象徴であったり、忌むべき存在であったりと、その時代を映す鏡のようです。
しかし戦争行為に限らず、他者へ向ける愚行、他者へ強要する愚考は、やはり認められるものではないですもんね、、

戦時中と言う特殊な時代に作られた建造物も、今日の様に、幸せな景色の一部として、生まれ変わり、その存在意義も真逆の戒めとして移り変わり、人の心の安寧を伝えていく。
そんな時代が続いていく事を願っています。

2020.07.05 Sun 23:22
Edit | Reply |

Add your comment